視力回復したいなら正しい視力回復教えます

当サイトお薦め視力回復法




  詳細はこちらから      ■ サトウ式視力回復術

近視とは・・・

近視は屈折異常の一種で、遠方から目に入ってきた光が網膜より手前で像を結び、物がぼやけて見える状態。

 

 

近視は、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が正常より長すぎるか、角膜・水晶体の光の屈折力が強すぎることにより起こる。

 

 

正視では、近いところを見るときに、晶体がふくらんで網膜にピントが合う。

 

 

眼軸の長さが長すぎる場合は、遠くを見たときに水晶体を十分薄くしても、網膜上でピントが合いません。網膜の手前でピントが合ってしまいます。

 

 

このような近視を軸性近視(じくせいきんし)と呼び、大部分の近視は軸性近視です。

 

 

角膜・水晶体の屈折力が強すぎる場合だと、遠くを見たときに網膜上でピントが合いません。網膜の手前でピントが合ってしまいます。

 

 

このような近視を屈折性近視(くっせつせいきんし)と呼びます。

 


■ サトウ式視力回復術

 

ページの先頭に戻る

 

トップページへ戻る