小顔になれる小顔ノウハウ教えます

小顔に見える髪型のコツ

顔のサイズの印象は、髪型によってもだいぶ変わってきます。
 
「私は顔が大きくて…」と悩んでいる女性は、
顔を強調する髪型は避けるようにしたいところ。
小顔に見せる髪型の基本は「ふんわり感」にあります。
 
ふっくらと丸みのある髪に包まれた顔は、
目の錯覚で小さく見えるのです。
 
■トップにボリュームをもたせよう
 
同じサイズのものでも、
それを入れる箱が大きいのと小さいのとでは、
 
大きさが違ってみえるという現象を体験したことはありませんか?
顔も同じです。

 
スッキリまとめようとして、
ボリュームをなくすのは逆効果。
 
特にトップにふくらみをもたせることで、
頭のほうに自然と目が向き、
顔の大きさが気になりにくくなります。
 
ゆるいパーマをかけるのも良いですね。
 
■前髪は下ろしてふんわりカール
 
顔の大きめな人は、おでこを出すとさらに強調されてしまうため、
基本的には前髪があったほうがいいでしょう。
 
さらにゆるいカールをつければ、

前髪の後ろに顔が引っ込むので、
遠近法で小顔に見えやすくなります。
 
■フェースラインには残り毛を垂らして
 
まとめ髪にする時は、
すべてアップにするのではなく、
髪の一部を残して、内巻きに。
 
 
フェースラインを囲むように垂らすことで、
額縁効果があり、ラインが目立ちにくくなります。
 
■カットする際には美容師さんに相談を
 
何百人、何千人の髪の毛を扱ってきている美容師さんに、

「小顔ヘア」について相談することも大切です。
 
悩みが解消できるヘアスタイルを提案してくれるでしょう。
 
スタイリングのコツなどもしっかりと教わります。
 
そのためにも、ブローの際に雑誌を読むのはNG。
 
美容師さんがどうやっているのかを、
きちんとチェックしてみてください。
 
 
ページの先頭に戻る
 
トップページへ戻る