高卒が取れる資格高卒でないと取れない資格

通信講座の無料資料請求





行政書士

 
 
行政書士試験について

 

行政書士という職業については意外に耳なじみがあまり無いかもしれませんが
世間では代書屋さんと呼ばれ人気のある国家資格です

 

皆さんもご存知かもしれませんがテレビのドラマでも「カバチたれ!」で
取上げられ話題になりました

 

 

 

弁護士さんに比べて法律の事などを気軽に相談できる必要不可欠な職業です

 

業務内容は、書類作成業務や法律相談などです

 

法律改正に伴い書類作成だけではなく官公庁への書類代理提出もできるようになりました

 

更に契約締結の代理人も認められており
当事者の不利を未然に防ぎ、紛争解決のスペシャリストにもなりうるわけです

 

 

 

最近のような何が起こるかわからないような現状では
行政書士のような身近な法律の専門家である行政書士の期待度は高まるばかりです

 

企業での法律のスペシャリストとしての地位を確立するのもよし、
独立開業で高収入を得ている方も多くいらっしゃいます

 

この資格を取得する事で司法書士、弁理士、社会保険労務士などに応用することができるので、
法律系資格の他資格への出発点といえます。

 

 

 

決してかんたんな資格ではありませんがどんな資格にしろ
自分自身の頑張りで不可能はありません

 

 

行政書士試験の概要

 

受験資格

 

 

行政書士に受験資格はありません。年齢、性別、学歴に関係なく誰でも受験することができます。

 

  試験受付期間 試験日 合格発表 受験料 試験内容 合格基準 合格率
行政書士 8月上旬〜9月上旬 11月第二日曜日 翌年1月下旬 7000円

業務に関する法律問題
一般常識

業務に関する知識60%以上
一般常識40%以上
全体で60%以上

約9%

 

 

試験科目

 

内容等

 

行政書士の業務に関し必要な 法令等(出題数46題)

 

憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、
国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)、
民法、商法※及び基礎法学の中からそれぞれ出題し、法令については、
平成19年4月1日現在施行されている法令に関して出題します。

 

(商法については、会社法を含みます。)

 

行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題) 政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

 

※試験の方法
試験は、筆記試験によって行います。
出題の形式は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式及び記述式、
「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式とします。
記述式は、40字程度で記述するものを出題します。

 

財団法人:行政書士試験研究センター参照

 

行政書士資格試験詳細については財団法人:行政書士試験研究センターをご覧ください

 

財団法人:行政書士試験研究センターはこちらから  財団法人:行政書士試験研究センター

 

行政書士資格通信講座無料資料請求はこちらから

 

   行政書士資格の資料請求はこちらから  

 

高卒資格の無い方に・・

 

ページの先頭に戻る

 

トップページへ戻る

通信講座の資料無料請求