高卒が取れる資格高卒でないと取れない資格

通信講座の無料資料請求





社会保険労務士

社会保険労務士とは労働や社会保険など皆さんが働く上で大きく関ってくる
法令などに関する法律を専門に扱う国家資格です

 

>この資格に関しては無条件に高卒で取れるわけではありませんので
まずは、行政書士の資格を取得してからチャレンジしてください・

 

中小企業などの労働・社会保険法令に基づく申請や届出の書類を作成したり、
行政機関への提出を代行することがおもな業務内容となります

 

他にも、企業に対して書類申請等のアドバイスやカウンセリングなどもします

 

最近では、労務などの法改正が複雑化してきていますので
労務や人事などのプロフェッショナルな人材が求められてきますので
今後有望な資格ではないかと思います

 

また、社会保険労務士だけではなく行政書士などの資格も一緒に
取得すると効果的なると思います

 

社旗保険労務士の35%が女性であるという事実から
女性に人気のある資格であるということも理解できるかと思います

 

社会保険労務士の業務内容としては

 

●社会保険労務士の資格(登録)がないとできない業務(独占業務)

 

1号業務

 

行政機関へ提出する申請書類の作成、行政機関に提出する代行、事務代理

 

2号業務

 

事業所に備付けが義務づけられている帳簿書類(労働者名簿、賃金台帳、出勤簿)などの作成

 

 

他にも企業へのコンサルタントなど業務内容は多岐にわたります
企業の中でプロとしての立場を確立するのも独立開業するのもいいでしょう

 

以前に比べ最近では人気が出ており受験者数はすえています
法律系の試験がありますので合格率は10%程度ですが
勉強しだいで不可能な資格ではありません

 

社会保険労務士試験の概要

 

試験科目は、労働基準法、労働安全衛生法、労働災害補償保険法、雇用保険法、労働保険徴収法、健康保険法、

 

厚生年金法、国民年金法、その他労働に関する一般常識、社会保険に関する一般常識、です。

 

  受験受付 受験日 合格発表 試験内容 合格点 合格率 受験料  
社会保険労務士 4〜5月 8月 11月中旬

午前選択式
午後択一式

選択式40点中28点以上
択一式70点中44点以上

約9% 9000円  

 

社会保険労務士の死悪試験詳細については社会保険労務士試験公式ホームページから

 

社会保険労務士通信講座無料請求はこちらから

 

  社会保険労務士になりたいっ!★ヒューマンアカデミー★

 

ページの先頭に戻る

 

トップページへ戻る

通信講座の資料無料請求