高卒が取れる資格高卒でないと取れない資格

通信講座の無料資料請求





メディカルドクターズクラーク

メディカルドクターズクラークという資格をお聞きになったことはあるでしょうか?

 

医師の事務的なサポートをしたりするのが主な業務内容です
日本語では医師事務作業補助者とも呼ばれています

 

厚生労働省が定めた病院に医師の事務サポートをする人を設置する事を
定めた事でできた資格と職種です

 

医師の事務サポートをする事で多忙な医師の負担を軽減するという
大変やりがいのある職種です

 

メディカルドクターズクラークが事務サポートををする事で
医師は医療行為に専念する事が出来るのです

 

簡単に業務内容を要約すると

 

診断書の作成

 

処方箋の作成

 

検査予約

 

手術予約

 

診察予約

 

紹介状の作成・・・等々

 

メディカルドクターズクラークの資格は国家資格ではありませんから
この資格が無いと業務に従事できないというわけではありませんが
医療行為を行う医師のサポートをするわけですから
信頼関係が必要ですからその信頼を得るために資格取得は必要ではないでしょうか?

 

メディカルドクターズクラークの受験資格は、
特定の教育訓練ガイドラインに適した内容を履修すること、
半年以上の実務経験などを有することが必要ですが、
通信講座で受験資格を得ることが出来ますから心配要りません

 

メディカルドクターズクラークは、現在厚生労働省が推進している資格ですから
今後、需要が増えることは間違いありません

 

メディカルドクターズクラークの資格取得のメリットは、
事務サポートだけではなく、医療事務の資格も同時に取得できる事です

 

これから、高齢化社会に適応していく為に
医療現場が求める人材というのは不足しがちです

 

未来を見据えて資格を取得するのなら是非、お薦めの資格です

 

?メディカルクラーク試験の概要?

 

  受験申し込み 受験日 試験内容 合格基準 受験料
2級 試験日の2カ月前?2週間前。

年8回:
4月 6月 7月 8月 9月 10月 12月 2月

実技1:
患者接遇:筆記(記述式)、
50分
学科:
医療事務一般知識:
筆記(択一式)、
60分
実技2:
診療報酬請求事務:明細書作成・点検、
70分

学科および実技1・2のおのおのの得点率が70%以上で合格となる。 6500円
1級 試験日の2カ月前?2週間前。

年2回:
6月 12月

実技1:
接遇、院内コミュニケーション:
筆記(記述式)、50分
学科:
医療事務専門知識:
筆記(択一式)、60分
実技2:
診療報酬請求事務:
明細書作成・
点検、70分

学科および実技1・2のおのおのの得点率が70%以上で合格となる。 6500円

 

 

メディカルドクターズクラークの資格取得試験の詳細についてはこちらから

 

    日本医療教育財団

 

メディカルドクターズクラーク通信講座の無料資料請求はこちらから

 

    

 

高卒資格の無い方に・・

 

ページの先頭に戻る

 

トップページへ戻る

通信講座の資料無料請求