高卒が取れる資格高卒でないと取れない資格

通信講座の無料資料請求





介護職員初任者(旧ホームヘルパー2級)

現在の日本の社会問題となっている高齢化は今後ますます深刻化していきそうです

 

 

 

それだけに高齢者や障害者の家庭を訪ねて生活の世話をサポートする
ヘルパーという仕事は需要が求められていきます

 

ヘルパーは単に要介護者の世話をするだけではなく自立支援のサポートもしていきます
そんなヘルパーの生活扶助などに関する能力を試すのがホームヘルパー資格で
現在は介護職員初任者と呼ばれる国家資格になっています

 

 

 

主な業務内容としては高齢者など要介護者の家庭を訪問して
生活援助、身体介助などのサポートをしていく介護現場の最前線で活躍する介護のプロです

 

各市区町村、専門学校、民間団体が実施する講習を受講すれば取得できるが、
実際に現場で働くには2級課程取得が不可欠である。

 

ヘルパー試験には1級〜3級まであり
1級を取得するには実務経験が必要になります

 

ヘルパーの資格で就職を考えるのなら
全ての介護業務につける介護職員初任者(旧ホームヘルパー2級)
の資格を取得する事が必須となります

 

介護職員初任者(旧ホームヘルパー2級)の受験資格は特にありませんから
受験は誰でも出来ますが介護保険制度に定められた一定の要請研修を受けて資格取得することになります

 

介護サービスを提供する事業所を経営する場合には
ヘルパーの要請研修を受けている人を雇用する義務がありますから
ヘルパーとして働くのであればホームヘルパー養成研修を受けることは必須です。

 

介護職員初任者(旧ホームヘルパー2級)の養成研修には未経験でも受講可能です

 

意欲とヤル気があれば誰でも取得可能なんです
さすがに1級となるとかなり困難で実務経験が必要です

 

指定を受けた学校法人、民間企業などが実施する養成研修で研修を積み、
まずは、2・3級の資格を目指しましょう

 

日本の高齢化は深刻な社会問題となり今後家族や市町村などの公的機関だけで高齢者や要介護者を
支えていくのは困難になり

 

それだけに介護に携わる職業は更に需要が高くなるのは確実です

 

介護保険制度が始まってから介護に対する認識やヘルパーへの
興味や社会的認知度は高まっています

 

しかし、実際現場でのヘルパーの数は圧倒的に不足しています
今後の高齢化のことを考えるならばこの人材不足に拍車がかかるでしょう

 

それだけにこの資格の持つ意味は高いといえます

 

ホームヘルパー概要

 

  受験資格 履修時間 講義 実技演習 実技 講習期間 試験日
3級 条件なし 50時間

1、社会福祉に関する知識
2、ホームヘルプサービスに関する知識と方法
3、関連領域の基礎知識:
医学の基礎知識、
心理面への援助方法

1、介護技術入門
2、ホームヘルプサービスの共通理解

在宅サービス提供現場見学等

各実施団体によって異なる。
民間団体の場合、
2級で約4カ月間

各実施団体によって異なる
2級 条件なし 130時間

1、福祉サービスの基本視点
2、社会福祉の制度サービス
3、ホームヘルプサービスに関する知識
4、サービス利用者の理解
5、介護に関する知識と方法
6、生活援助に関する知識と方法 7、相談援助とケア計画の方法 8、関連領域の基礎知識

1、共感的理解と基本的態度の形成
2、基本介護技術
3、レクリエーション体験学習

1、介護実習
2、ホームヘルプサービス同行訪問
3、在宅サービス提供現場見学

各実施団体によって異なる。
民間団体の場合、
2級で約4カ月間

各実施団体によって異なる
1級

2級課程修了者。
2級課程修了後、原則として1年以上ホームヘルパーとして活動した人。

230時間

1、社会福祉関連の制度とサービス
2、介護の方法と技術 ほか

1、ケアマネジメント技術
2、指導技術と介護技術の向上

1、デイサービスセンター実習
2、チームケアの実習 ほか

各実施団体によって異なる。
民間団体の場合、
2級で約4カ月間

各実施団体によって異なる

 

 

介護職員初任者(旧ホームヘルパー2級)の試験詳細・資格無料資料請求はこちらから

 

  

 

高卒資格の無い方に・・

 

ページの先頭に戻る

 

トップページへ戻る

通信講座の資料無料請求