高卒が取れる資格高卒でないと取れない資格

通信講座の無料資料請求





診療報酬請求事務能力認定

診療報酬請求事務能力認定試験について

 

診療報酬請求事務能力認定試験とは、
病院をはじめとする医療機関での診察報酬請求の事務に
点数計算の知識や実際の能力を検定する為の資格試験で医療事務資格の中の一つの民間資格です

 

画像診断、手術、検査など医療の高度化とともに、診療報酬請求の点数計算を始めろする
事務量は増加の一途をたどっています

 

それに平行して医療請求事務を扱える人材確保は急務となっているのです
試験自体は,全国一斉に行われ医科と歯科に分かれ行われています
この診療報酬請求事務能力認定は、医療事務の資格の中でも最も重要な資格の1つであり、
最も難易度の高い資格試験だと言われています。

 

それだけに特殊な知識とスキルを有する認定されるこの資格を取得しておく事で
医療機関などの就職には大変有利に働く事でしょう
医療事務の仕事を考えている方は必須の資格といえるでしょう

 

診療報酬請求事務能力認定試験の概要

 

   
受験資格 受験資格はありませんので誰でも受験可能です
受講内容

?基礎編?

 

1、医療保険制度
2、基本診療
3、投薬
4、注射
5、処置
6、各種療法
7、手術
8、検査
9、画像診断
10、入院
<中間テスト(NO.1、NO.2)>

 

?実習編?
カルテをもとに診療報酬明細書(レセプト)の作成
<中間テスト(NO.3)>

 

通信講座の日程として一日い時間程度の学習で
4ヶ月での終了となる

 

通信講座は4ヶ月で終了しなくても基本一年間の
猶予期間がある

 

上記記載の中間テストに全て合格する事で修了検定試験を受講できる。

 

 

修了試験

合格基準範囲が3つに分かれており各項目100点満点計算で合計点数が
180点以上・各項目が60点を上回る事

受講受付 随時
講習期間 平均四ヶ月
講座費用 各講座により異なる

 

診療報酬請求事務能力認定に関する詳細はこちらから無料資料請求してください

 

  

 

高卒資格の無い方に・・

 

ページの先頭に戻る

 

トップページへ戻る

通信講座の資料無料請求